豊富な木材

「家の中心にりっぱな大黒柱が欲しい」、「木の香りがあふれる家にしたい」そんなことできるのかしら?

本物の木を見て触って選べたらいいのに。でも特注になると高くなりそうだし。

お任せください!木のソムリエ「木材のプロ」がお応えします。

木材選びは「適材適所」

木材選びは「適材適所」 木材選びは「適材適所」 木材選びは「適材適所」
自然素材である木材には、どれひとつとして同じものがありません。
良い家を創るには、木の種類、育った地域、木の性質などを理解して、
それを活かせる場所に使うことが大切です。
しかし残念ながら一般的には そこまでこだわった材選びはあまりされて
いません。住まいるCHANCEネットワークに加盟している木材店は、
「適材適所」を見極めるプロの目をもって材をご提供しています。

あなたの夢を実現するストックヤード「東京中央木材市場」

あなたの夢を実現するストックヤード「東京中央木材市場」

浦安にある国内最大級の木材市場「東京中央木材市場」 住まいるCHANCEネットワークは、浦安にある国内最大級の木材市場「東京中央木材市場」を通じて材を手配できます。 ここには、全国から集められた20,000m3を超える「木材製品」が常に在庫されています。

この豊富な木材の中からあなたの「家」のための「1本」を選ぶ。
そこから「夢の家づくり」が始まります。
「材までとことんこだわれる。」
それが、住まいるCHANCEネットワークの魅力の1つです。

※時間や手間が無くて「木材」選びを全てお任せいただいても、
ご予算や設計に沿った最適な木材をご提供できます。


木のソムリエ「木材のプロ」とは

木のソムリエ「木材のプロ」 木のソムリエ「木材のプロ」 木のソムリエ「木材のプロ」
一概に「桧」といっても、産地は様々です。 もちろん東京にだって太くてりっぱな「桧」があります。 主なところで「東濃(岐阜県近辺)」「木曽」「吉野」「紀州(和歌山)」・・・と、色々です。 木の特徴も、様々です。
木材のプロは用途に応じて、どの産地の材が適しているか熟知してます。 同じ長さ・厚み・巾でも、強度や、美しさ、・・・日本の木の文化を建物に活かせる・・・ まさに「木のソムリエ」なのです。

国産材を使おう!


これからの住宅は「長期優良住宅」がキーワードとなります。 国土交通省が制定した「長期優良住宅普及促進に関する法律」が平成20年12月に公布され平成21年6月より施行されます。 この法律は、高品質な住宅を建築し、維持・補修を制度化することで資産価値を長期間保たせることが目的で、 基準を満たした住宅には「税制上の優遇処置などが適用されます。 さらにこの法律には「国産材の利用」が明確化されています。 日本の森林の活性化を目的とし、地球温暖化防止に役立てる事も明記されています。

「長期優良住宅の普及促進に関する法律」
第2章 第4条より

国土交通大臣は、基本方針を定めるに当たっては、国産材(国内で生産された木材をいう。以下同じ。) の適切な利用が確保されることにより我が国における森林の適正な整備及び保全が図られ、地球温暖化の防止及び循環型社会の形成に資することにかんがみ、 国産材その他の木材を使用した長期優良住宅の普及が図られるよう配慮するものとする。
国産材


原木から製品へ
適材適所とは

PAGE TOP